Minorityreport012907
米国の業界誌、Advertising
Age
は、オンラインの分野でも有数の国際的企業、マイクロソフトやグーグルが、ポスターやダイナミックサイネージなど、オフラインの分野・屋外広告を重視しているとの記事を掲載しました。

以下はその要約です:

広告の分野において、屋外広告は、オンライン広告に次ぐ第二の成長率を誇り、2007年には米国で74億ドルもの市場となっています。 

マイクロソフトとグーグルは、屋外広告のテクノロジー改善計画について研究し、グーグルはデジタル・ビルボード広告の分野で、申請中の特許もあります。

マイクロソフトは、顔認識について言及しています。

だれもが、この分野に投資するべき時であると考えています。 

屋外広告は、多くの人々に接触することを可能とし、デジタルはさらにターゲットを絞ることができます。屋外広告産業は、数年前から斬新な技術を待ち望んでいます。

グーグルの技術は、ストックの状態に応じて、自動的に広告を更新することを可能とします。

グーグルは、自身の技術AdSenseを屋外広告に応用できると考えています。 

記事は、技術的なソリューションが市場に現れるまで、数年かかるだろうと結論付けています。 

以上について、弊社のコメント:

屋外広告のデジタル化とインテリジェンスへの要求はきわめて大きく、Catchyooは現在市場において比類のないソリューションを提供しています。

Catchyooは、インタラクティブ・スペースの活用度を捉え、確実な方法でコンテンツを配信できるだけでなく、近い将来には、広告主のために各設置環境の価値を評価できるようにもなります。